毎月第3水曜日はみやぎ水産の日宮城の水産物を食べよう

気仙沼魚市場[気仙沼市]

気仙沼魚市場 オフィシャルサイト
http://www.kesennuma-gyokyou.or.jp/ ※別ウインドウで開きます。

生鮮カツオ、生鮮メガジキ、ヨシキリザメは日本一、そしてサンマは本州一と全国屈指の水揚量の魚市場。それを支えるのは、天然の良港であることに加えて、造船・補修から燃料やエサの補給、冷凍・冷蔵、加工・販売、包装材に至るまで、水産業に関わる諸々の施設の集約度の高さ。カツオ船の入港時には、水揚げと並行して給油・給水や食料の仕込み、メンテナンスなどがスピーディに行われ、F1のピットインを彷彿させます。“船の欲しい”がすべて揃ったホスピタリティは漁業者に評価され、北海道から九州まで全国から船が集まります。

さすがは生鮮カツオ水揚量日本一。

手を触れることなく
カツオを素早く選別。

カツオ重量自動選別機を導入。船の水揚待機時聞の短縮と省人化、品質や衛生管理の向上とともに価格の安定化も実現しています。選別機1台当りの処理能力は20トン/時。人の手に触れて鮮度を落とす心配がなく、自動で8段階に選別されたカツオは鮮度保持のため一旦冷水スカイタンクに入れられた後、販売されます。

写真

キロ単価入力での一発勝負。

時代を先取りした
電子入札を導入。

取引は競りではなく、キロ単価の入力による電子入札方式で行われます。かつては買受人と水揚される魚の量が多いことから入札に時間が掛かっていましたが、平成16年に第一売場(まぐろ延縄船・大目流し網船)に電子入札用コンピューターシステムを導入し、より公正明瞭な取引と販売の迅速化、省人化、鮮度維持が図られています。

写真
グラフ カツオは気仙沼が日本一。
産地魚市場だよりトップへもどる
トップページへもどる