毎月第3水曜日はみやぎ水産の日宮城の水産物を食べよう

みやぎのおすすめ食材『メカジキ』

メカジキ

メカジキは,産卵期を迎えるこの時期に脂がのり「冬メカ」と呼ばれるようになります。気仙沼市魚市場がメカジキの水揚げ日本一です(平成26年)鮮度の良いメカジキは,刺身で食べるのがオススメです。照り焼きや煮付けなどにしても美味しく,お子様にも喜んで食べていただけます。

おススメ簡単レシピ

メカジキのハリハリ汁

メカジキのハリハリ汁

  1. 【材料】4人前
  2. メカジキ(切り身)・・・1切れ(5~6cm)
  3. 水菜・・・1束
  4. ★片栗粉・・・大さじ1
  5. ★昆布だし汁・・・4カップ
  6. ★醤油・・・大さじ1と1/2
  7. ★酒・・・大さじ1
  8. ★みりん・・・大さじ1
  9. ★塩・・・小さじ1/2
  10. 柚子皮・・・適量
  11. 【作り方】
  12. ①メカジキは焼く4mmの厚さに切っておく。水菜は6~7cm長さに切る。
  13. ②①のメカジキを包丁の峰で軽く叩き,醤油とみりんを3:1(分量外)で混ぜ合わせた調味液に30分漬け込み,片栗粉をまぶしておく。
  14. ③★の調味料を混ぜ合わせて火にかけ,煮立ったら②のメカジキを入れてアクを除きながら火を通す。
  15. ④③に水菜を加えたら,火を止めて腕によそる。吸い口に柚子皮を浮かべてできあがり。
  16. ★☆「メカジキのハリハリ汁」は,鯨で作る近畿地方の郷土料理「ハリハリ鍋」を参考にしています。「ハリハリ」という名前は,水菜の噛み応えからきています。☆★
メカジキのトースター焼き

メカジキのトースター焼き

  1. 【材料】2人前
  2. メカジキ(切り身)・・・1切れ
  3. 塩・こしょう・・・各少々
  4. マヨネーズ・・・小さじ1
  5. ☆粉チーズ・・・小さじ1
  6. ☆パン粉・・・小さじ1
  7. パセリ・・・少々
  8. ①メカジキは1cm角に切り,塩こしょうをふってマヨネーズで和える。
  9. ②耐熱容器に①のメカジキをいれ,☆をそれぞれふりかけ,オーブントースターで8~10分焼く。
  10. ③器に盛り付け,上から刻んだパセリをふりかければできあがり。
みやぎ水産の日トップへもどる