毎月第3水曜日はみやぎ水産の日宮城の水産物を食べよう

みやぎのおすすめ食材『カキ』

カキ

宮城県のカキの生産量は全国2位であり。宮城の冬を代表する食材です。「海のミルク」と呼ばれるほど栄養がたっぷりで、生でも加熱してもそのおいしさを存分に味わうことができます。ぜひ、宮城のきれいな海で育ったカキをお召し上がりください。

おススメ簡単レシピ

カキのバター醤油焼き

カキのバター醤油焼き

  1. <材料>
  2. 加熱用むきカキ・・・6個   ほうれん草・・・100g
  3. 小麦粉・・・大さじ2
  4. 塩こしょう・・・少々   バター・・・5g
  5. しょうゆ・・・小さじ1   サラダ油・・・小さじ2
  6. <作り方>
  7. 1.カキは手早く丁寧に洗って水気をよくとり、塩こしょうを少々ふり、小麦粉をまぶす。ほうれん草は根元を切り、5cm幅に切る。
  8. 2.フライパンにサラダ油を入れて熱する。油が温まったらカキを並べて中火で3分ほど加熱する。
  9. 3.両面に焼き色がついたら蓋をして蒸し焼きにし、仲間で火が通るまで2分ほど加熱する。
  10. 4.醤油とバターを入れてカキと絡めたら、お皿に盛り付ける。
  11. 5.4で余ったバターと醤油とほうれん草をさっと炒め、塩こしょうで味を整えて、カキと一緒に皿に盛り付けたら完成!
カキとシラスの柚子こしょうポン酢和え

カキとシラスの柚子こしょうポン酢和え

  1. <材料>
  2. 生食用むきカキ・・・8個   シラス干し・・・15g
  3. 大根・・・5cm   柚子こしょう・・・小さじ1/2
  4. ポン酢・・・大さじ2   小ネギ・・・5cm
  5. <作り方>
  6. 1.鍋にお湯を沸かし、洗ったカキを1分間ゆで、氷水で冷まし、小ネギは小口切りする。
  7. 2.大根おろしを作り、水切りしたら、シラス干しと柚子こしょう、ポン酢を混ぜ合わせる。
  8. 3.水気を取ったカキを2とあえて器に盛り付けたら、上に小ネギをのせてできあがり!
みやぎ水産の日トップへもどる